スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲシュタルトの祈り

「怒り」の第一感情は、「期待」 です。

勝手に期待して、勝手に裏切られたと思って、勝手に傷つく。

そんな人のなんと多いことなのか。

私だってそんな人間だったりする。

人は人の期待に応えるために生きているわけではありません。

100%の期待なんてされたら、しんどくて逃げ出したくなります。

期待もそこそこに、やってもらえたらありがたいな~くらいの

軽い気持ちでいることが一番です。

人に期待したくなったときは、「ゲシュタルトの祈り」を声に出して読みます。




『私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。


 私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。


 そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。


 私は私。あなたはあなた。


 でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。


 たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。』


《 ゲシュタルトの祈り 》
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こびとさんの時計
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。